毎日の
上質な暮らしの中に
SDGsな
幸せがある

NEWS INFORMATION

MADURO STYLE BLOG

SDGsな家創り=
帰りたくなる家創り
MADURO STYLE
メディアと地域工務店が
タッグを組んだ
共同プロジェクト始動!

2019年11月28日
静岡市で開催されたスペシャルトークセッション&事業説明会

キーワードは
「家族の幸せ」
建築家とメディア編集長の
奇跡のコラボレーション
MADURO STYLE
誕生秘話

家族を一番大切に考えるパパのためのライフスタイル誌「MADURO」の総編集長 大久保 清彦と
静岡でこだわりの注文住宅を創り続けて20年を迎える「納得住宅工房」の代表 兼 建築家 久保 淳。

既知の仲であった二人が、お互いの仕事のジャンルを超えた、ある意味お互いのジャンルの強みを生かした、ある結論に達しました。

「一緒に、家族の幸せなライフスタイルを叶える "SDGsな家創り"をプロジェクト化しよう!」と。

家族を一番大事に考える「MADURO」の理想を「納得住宅工房」の上質な家創りを通して、
立体的にサスティナブルに具現化する新しいコラボプロジェクト「MADURO STYLE」が生まれた瞬間でした。

いつもお洒落で誇らしいライフスタイル、家族全員が居心地いい幸せな時間、いつまでも飽きがこない上質な空間
家族がいつまでも幸せに暮らせるSDGsな住まいを提供したい・・両者の想いが共鳴し、このコラボプロジェクトが発足したのです。

大久保
これまでに「MADURO」では、肩肘張らない週末のカジュアルファッションをはじめ、家族と一緒にいけるレストランやお出かけ情報などパパ読者に有益な週末の家族の過ごし方をご提案してきましたが、" 一番愛する人と上質な時間を過ごすためのマガジン" をコンセプトにするなら、1つの大きなピースが足りていないのではないか、と思った次第。
そう、衣食住のなかで、「MADURO」には一番サスティナブルな "住” が足りていなかったのです。
着飾って出掛けるシーンはライフスタイルの一側面。一児の父親でもある私自身も、家で過ごす家族の時間が何よりも大切
これからは、衣食住の中でも後に回しがちだった家族の“住”コンテンツを、より多くクローズアップしていくべきだと思っています。
久保
「MADURO」のコンセプトは、生涯誇りに思える、帰るのが楽しみになる家創りを心がけてきた我々の理念に合致しているんです。
一緒にタッグを組むことで、みんながワクワクする、新たな未来が生まれると思いました。家は一生モノの財産となりえる一番高い買い物であると同時に、人生で一番長く過ごす拠点です。
リラックスできるのはもちろんのこと、鋭気を養うことができなければ意味がありません。
一番大切な家族との上質な時間、ライフスタイルとはいかなるものなのか、家創りを通して、一緒に考え出しましょう!
大久保清彦

株式会社 RRデジタルメディア

大久保 清彦CEO Kiyohiko Okubo

『LEON』を企画創刊し、その後『OCEANS』、『ローリング・ストーン日本版』を企画創刊。『ヨガジャーナル日本版』のオンラインを立ち上げ、セブン&アイ出版の常務執行役員を経て、2018年に設立したRRデジタルメディアでは、自身が総編集長を務める『MADURO』の他、『ソトコト』、『THE RAKE』を傘下に収め、オンライン化を果たす。自身も一児のパパとして、仕事と子育ての両立に奮闘中。

久保淳

納得住宅工房株式会社

久保 淳CEO Atsushi Kubo

1999年、納得住宅工房を設立。2019年現在、静岡県内にショールーム5店舗とモデルハウス2棟を展開。住宅、エクステリアに関する数々の賞を受賞。施主の感性や理想を引き出す設計提案、欧州のトレンドや伝統を取り入れた建材やオーガニック素材、ハイスペックな住宅性能をトータルコーディネートしたオーダーメイド住宅を年間150棟ほど手掛けている。アパレルショップ「ポルタロッサ」のオーナーでもある。

MADURO STYLE
メディア力を生かした
新しいかたちの
ライフスタイル提案型
ブランディング

100万人にリーチする
MADUROのチャネル

「MADURO」は「一番愛する人と快適な時間を過ごすために
必要なモノ・コトを提案」するライフスタイルメディア。
主な読者層は年収 1,000万以上の会社経営者・役員

「MADURO ONLINE」は、「MADURO」と連動し、
WEB限定のコンテンツも多数配信しるWEBメディア。
各種SNSをはじめ、様々なニュースメディアで配信。
その情報発信力・拡散力は非常に高く、ターゲットへの確実な情報提供を可能にしています。

デジタル時代に対応した
オムニチャネル的 拡散力・配信力

オムニチャネル的 ❝伝える力❞
オムニチャネル的 ❝伝える力❞

工務店単独では難しい
「イメージ訴求型
ブランディング」

メディアの力を使って、価格や性能ではなく
イメージ訴求で高級感・上質感を演出する、最も費用対効果の高いブランディング

イメージ訴求型ブランディング
オムニチャネル的 ❝伝える力❞

MADURO STYLE
加盟された
パートナー様の声

MADURO STYLE 岐阜伸和建設株式会社代表取締役社長 森 有生様

やはり「家族が中心である家づくり」であることです。良い家があったとしても、そこに良い家族が無ければ何の意味もなさないと思います。 ただ、良い家族は求めれば作れるものでもありません。日々、一日一日の行動や、相手を思いやる気持ちが積もっていった結果が「良い家族」になるのではないかなと考えています。 昨今は、「家事動線」や「奥様目線」等の家族の特定人物に焦点を当てた家づくりが煩雑化していましたが、本来は皆が暮らしやすい家が求められているはずです。 MADURO STYLEでは、忘れかけていた大切な部分を取り戻す事が出来る、希望あふれる家づくりが実現出来るはずです。

MADURO STYLE 群馬thinks/株式会社 翼創建代表取締役社長 稲津 幸司

個人的に「住まい=ファッションである」と考えております。着心地、質感、耐久性、好み等々で選ぶという共通点があり、ライフスタイルの表現方法は同じ。そのファッション誌(ライフスタイル誌)とのコラボレーションによる、こらからの家づくりの発信「上質な暮らしと住まいの提案」や「地域の活性化」について共感しました。

令和の時代をどう生き抜くか?という課題のある中、行政、異業種、ファッション、地域との「コラボレーションの必要性」が重要であると感じています。また住まいを通して、自分の幸せだけでなく、家族の幸せをも考える新たな「住」の発信の必要性と、イクメンパパがカッコイイ時代背景にも着目した、ライフスタイルを創造することがこれからの使命だと感じています。

MADURO STYLE 埼玉Blue Style 株式会社代表取締役社長 荻野 勇樹

私たち建築会社は暮らすオーナーさんへ上質な家を提供する使命があると考えています。家は何の為にあるのか?基本的な考えは愛する家族が集う家という空間で毎日のライフスタイルを楽しみ人生を楽しめる為にあります。

デジタルな時代だからこそ家はリラックスできる空間が必要であり都心から少し離れた地域でできる暮らしに魅力を感じる時代ではないかと思っています。

家族みんなが
幸せになれる家を建てて
家族みんなが幸せになると、
周りのみんなが集まってくる。
そんな幸せをずっといつまでも。
それがSDGsな家創り =
帰りたくなる家
MADURO STYLEな家創り

「MADURO STYLE」
パートナー募集

リモートワーク時代の
家創りニーズに応える

工務店様向け
モデルハウス視察ツアー
開催!

高集客+高成約率!
紹介率70%超を誇る
最新住宅を公開!!

5社様限定[参加費 5,000円]

開催時間:
14時~17時(受付13時30分~)

日 程

2020年9月7日(月)14:00~17:00
(受付 13:30~)

会 場

静岡県静岡市
(マデュロスタイル最新モデルハウス)

内 容

MADURO STYLE最新モデルハウス視察ツアー
事業説明会同時開催

参加費

5,000円(要事前予約)

備考

詳細はお申込み後にご案内いたします

個別相談会&モデルハウス現地見学会

「モデルハウス視察ツアー&事業説明会」のほか、
ご希望の日時合わせた個別相談会(東京・静岡)、モデルハウス現地見学会を実施しております。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

藤枝モデルハウス

FOLLOW MEMADURO STYLEの新しい情報をフォロー

  • INSTAGRAM
  • FACEBOOK
  • YOUTUBE
  • LINE