MADURO STYLE
家創りコンセプト

MADURO STYLE
家創り
3つのコンセプト

家族の想いや理想のライフスタイルを形にしていくのが「MADURO STYLE」の家創り。
建売住宅やマンションなどでは叶えられない、家族の為だけに描かれる世界にひとつだけの家をゼロから創り上げていきます。
細部までこだわりが詰まった「MADURO STYLE」の家創り3つのコンセプトとは !?

家族の
ライフスタイルに合わせた
完全注文住宅だから
どんな要望にも応えられる

建て売りや在り物を流用するメーカーも多い中、MADURO STYLEはゼロから設計士が図面を引く完全注文住宅。ゆえに、サウナや防音ルーム、暖炉にプライベートジムなどの特殊な構造や間取りもお手の物。 家に関する要望を聞くだけでなく、家族構成や年齢から職業、趣味、性格までを何カ月もかけてじっくりヒアリングしてから施工します。 効率重視でとにかく数をこなそうとする他社と違い、納得住宅工房は採算度外視。オーナーの満足を得るため年単位の時間を費やしたり、一棟建てるために作る資料で厚いファイルが3冊以上に及ぶことも日常茶飯事。 もちろんアフターケアの充実ぶりも本誌のお墨付きです。

家具選びの悩み不要!
トータルコーディネートで
費用対効果と満足感が特大!

完成した家が素晴らしいほど、家具、照明、電化製品にもこだわりたくなるのは当然のこと。ですが、良いモノは高いし、買い揃える手間や統一感を見定める審美眼も必要。ましてや住宅ローンをフルに組んでいるので、そこまでの予算はかけられないとなってきます。そんなお悩みもMADURO STYLEなら一切不要。欧州の最新トレンドを取り入れたハイセンスなソファやAVボード、ダイニングセットなどの家具や電化製品、照明、カーテンに至るまでトータルコーディネート。 しかも、お店で買うより、直接仕入れだから大幅にお得!設計段階からコーディネートするので、ビルドイン仕様にしてスッキリ見せるのも注文住宅ならでは。クオリティ、お洒落度ともに、お値段以上に大満足、費用対効果大です!

家族の身体の優しさを第一に
品質にこだわった
天然で上質な内装環境を標準装備

MADURO STYLEの一軒家は洒落たデザインというだけでなく、建材や建具などディテールの品質にも妥協なし。とことん突き詰めた上質さと自然素材など…こだわり尽くし満載です。例えば、高い通気性と調湿機能を持つ漆喰の塗り壁、トイレには抗菌効果を持つ薩摩霧島壁。床はあえて凹凸をつけることにより 足の裏が気持ち良い無垢のフローリング。高さ2.4m、厚さ5.6cmの重厚にして色鮮やかなイタリア製ドアや、職人が手磨きで納得いくまで仕上げる洗面台までもイタリア製。すべて標準仕様です。他社には真似できない品質で、仮に近い品質ができたとしても特別オプションとして高く費用が見積もられます。 MADUROの意味通り "成熟"をコンセプトに据えたこれらのディテールを考えると、価格の倍以上の費用対効果と満足度がここでも生まれます。

SDGsな家創り。
MADURO STYLE
大切な4つのこと

「MADURO STYLE」の家創りの大切な4箇条。
デザインや機能性だけでなく、家族のひとりひとりのライフスタイルに寄り添うディテール、
立体的で複合的な要素について、大久保と久保の両者の視点を紐解いていきます。

センスのいい家を創る

センスのいい家を創る

「MADURO STYLE」の家に共通する「気持ち良さ」の原点。それは綿密なヒアリングにあります。理想のライフスタイルを引き出すデザイン、住んでから見える景色、家族の視線のバランスと絶妙な距離感、朝夕と移りゆく光の流れに至るまで細部にこだわった設計から生まれる「気持ちよさ」こそ、一番大切な「センス」なのです。

大久保
久保さんが設計した家を取材させていただきましたが、どれもセンスが良いと思いました。どんなことを意識しているのでしょうか?
久保
私が設計する家の2本柱となっているのが、実際の広さ以上の開放感が得られる吹き抜けと、家にいながら人の目を気にせず外の空気感が楽しめる中庭です。他にも、家は人が住むことによりモノに満たされ、その分色味が増すものなので、極力多色を用いず内装もシンプルに仕上げたり、家族の距離感や動線だけでなく視線まで意識しています。 光の入り方や影の落ち方、ドアや窓枠の高さを揃えるなど、設計士としての腕の見せ所は数え上げればキリがありません。ですが、完全注文住宅ならではのアドバンテージである、お客様のライフスタイルに合致していることこそセンスの発露といえるのではないでしょうか。
大久保
確かにいずれの家も、住む人の個性が手に取るように見られました。では、MADUROSTYLEだけに採用する見所はありますか?
久保
MADUROの意味通り、コンセプトは 〝成熟〞です。評判の良い漆喰の壁をイタリアで買い付けてきた塗り壁に変更したり、大理石製の洗面台を入れたりと、住むほどに味わい深く愛着が増す内装を仕込みました。ぜひとも楽しみにしていてください。
人が集まる家を創る

人が集まる家を創る

住んでいる家族に満足がなければ、自信を持ってゲストを家に招くことはできません。だから何よりもまず、毎日暮らす家族の満足感が最優先。”見えない仕切り”で適度な距離を保ちつつ、自然と家族が集まる理想的な「SDGsな家族の幸せな家創り」とは?

大久保
納得の家に住むご家族は皆さん社交的ですよね。頻繁にホームパーティを催しているという声が印象的でした。人が集まりやすいような工夫もなさっているのでしょうか?
久保
バーベキューができる中庭を作ったり、開放感があって居心地の良いダイニングに大きなテーブルを置いたりと、仕掛けはしていますよ。でもまずはオーナー様にお披露目したいと思ってもらうことが最も重要です。もちろん人を招くには、それなりの広さが必要。なので、地価の安い地方に立派な家を立てることで、自然と社交的になってゆくのではないでしょうか。
大久保
人が集まる家と聞くと当然外からパパ、ママ、子供たちの友人や仕事仲間がやって来ることを想像しがちですが、私は納得住宅工房の家を見て、家族がバラバラに部屋で籠るのではなくリビングやダイニングで一緒にくつろぎやすそうなイメージも持ちました。実はそんな仕掛けもあるのでは?
久保
家族が集まりやすいのと同時に、主張しない仕切りを設けたり、同じ空間ながらわずかな段差により目線をズラすなどして、別のことをしていても気にならない工夫を凝らしています。 インターネットの普及により部屋で何でもできる時代になりましたが、私は子供を籠らせたくありません。例えばリビング学習という言葉もあるように、家族のコミュニケーションまで自然と増える家こそが理想的ですね。
自分のスペースを創る

自分のスペースを創る

長い人生です。家族から距離を置いて一人で過ごしたい時もあります。人が集まる家と一見相反するように見えますが、自分だけのスペースがあること、それは「SDGsな家族の幸せな家創り」の大切なポイントなのです。

大久保
一方で、例えば1階が前述の家族や仲間が集える空間なら、2階は非常に落ち着きやすそうな個室を設けているのを感じました。
久保
その通りです。先ほどの集える家とは真逆のことを申しますが、家族からも離れて一人で過ごしたい時間もあります。そんなとき、パパなら例えば書斎やプライベートジム、大音量で楽器が弾ける防音ルームなど自分の趣味を嗜める部屋で存分に英気を養えなければ家に帰ってこなくなってしまうかも知れません。 奥様のための寝室や子供部屋も含めて、逃げ場といったら語弊があるかも知れませんが、自分だけのスペースがあるということも家族にとっては重要なのです。
大久保
確かにせっかく建てた家に自分がくつろげるスペースが無いがため、所在無く外で飲み歩くようになってしまっては本末転倒です。以前私は電気関連のオンオフからカーテンの開け閉めまでを声だけで行える最先端の藤枝モデルルーム「アルベロ」を〝ハイパーな家〞と称しました。ですが、家族が集えて友人も招けるけれどパーソナルな役割もちゃんと確保されている、多種多様性を有した家こそ真のハイパーといえるのかも知れませんね。
久保
実際我が家も私は書斎やギター部屋で一人の時間を過ごしたり、妻はフィットネスルームで汗をかいたりと、ガス抜きできる別々の空間があるからこそウマくいってるんですよ(笑)。
身体に優しい家を創る

身体に優しい家を創る

「部屋にいるだけで空気のマッサージを受けているみたい。」全身を包み込むような心地よさは、上質な自然素材の賜物。足裏を癒す無垢の床材、室内の空気をキレイに保ってくれる漆喰の壁など、MADURO STYLEの建材は、見た目の良さに加えて、身体への優しさを兼ね備えたものを厳選しています。

大久保
建具や建材など、ディテールにもこだわりが詰まっていますよね。
久保
はい。こだわりの素材使いを最も端的に象徴するのが漆喰製の壁です。漆喰はクロス張りと違い、水をかけても即乾くぐらいの速乾性と高い調湿機能を有しているため夏に涼しく冬は暖かく過ごせます。しかも呼吸する壁と言われるだけあって、常に部屋の空気を綺麗に保ってくれるのです。部屋にいるだけで空気にマッサージを受けているようだ、と絶賛してくれているオーナー様もいらっしゃいました。
大久保
漆喰の中で組まれているヒノキの成分が子供の偏差値を高くすると分析した塾講師の方ですね。マッサージといえば他にも、足の裏が気持ち良いフローリングにも感心しました。
久保
それも標準仕様でして、素足で歩くことにより自然な凹凸が土踏まずを刺激してくれます。このようにMADUROSTYLEの建材は、見た目と身体への優しさを兼ね備えたものを厳選。〝家にいることが心地良い〞なんて何よりのうれしい言葉です。
大久保
センスの良さを披露したくなれば人を招くことができるし、居心地が良いから外で浪費する必要も無い。身体にも優しくて子供の知育にも吉となると、本当に投資価値を感じてしまいますね。私も静岡に移住して、久保さんが設計するMADUROSTYLEに住みたくなりました。移住が可能か、真剣に検討します!

一番愛する人と
上質な時間を過ごすために
始動した

雑誌の枠を超える新たな取り組み
「MADURO STYLE」

MADURO STYLEに関するお問い合せや
ご相談などお気軽にお寄せください。

FOLLOW MEMADURO STYLEの新しい情報をフォロー

  • INSTAGRAM
  • FACEBOOK
  • YOUTUBE
  • LINE