MADURO STYLE
BLOG

MADURO STYLE 静岡 モデルハウスオープン

2020/09/11

7月の初め、静岡県葵区に納得住宅工房のモデルハウスがオープンいたしました。こちらのモデルハウスは納得住宅工房の商品ラインナップの一つ「MADURO STYLE(マデュロスタイル)」の仕様になります。プレオープン日の7月3日はテレビの生中継があったり、ドン小西さんなどもお越しいただいて大変盛況だったということです。一般の方々へのお披露目は7月4・5日に二日間で、プレオープンからの来場者数がなんと200組!という驚異的な数となりました。当日現地にいたスタッフの話によりますと、3密を避けるために入場制限を設けながら行っていたので、外でお待ちいただく方が出てしまうほどだったとのことです。ご迷惑をおかけしてしまった方々には心よりお詫び申し上げます。

それにしても、3日間でこれだけの方々にお越しいただけたことは本当にうれしく思います。様々なところにモデルハウス、そして住宅展示場がありますが、オープン当日に入場制限ができるほどのモデルハウスは、そう多くはないでしょう。それにしてもなぜこれほどまでに注目を集めたのでしょうか。

もちろんたくさんの方々に知れ渡るような宣伝ができたのかも知れませんが、興味をそそらなければお越しいただけなかったでしょう。ですので、モデルハウス自体のデザインや仕様にご興味を持って下さった方々もたくさんいらっしゃったと想像します。そして、その方々はきっとご満足されてお帰りになったと思います。手前味噌となり恐縮ですが、それくらい本当に素晴らしい住宅だと思っています。

写真うつりが良いだけではないことをお感じいただく為にも、本来でしたらモデルハウスにお越しいただきたいところですが、静岡県外の方々もいらっしゃるかと思いますので、写真にてこのモデルハウスの良さをお伝えしたいと思います。

20_0629_001.jpg

このモデルハウスの特徴ですが、二階がリビングということです。「二階リビングって上り下りが大変じゃない?」と思われるかと思いますが、それ以上のメリットがあるのです。それは通行人や隣家の視線が気にならないこと。カーテンを閉めっぱなしで1日過ごさなければならないということがありません。ブラックのソファーは3人がゆったり座れるサイズ、見えずらいですが壁際のアームレストの上には携帯電話を充電できるコンセントがあります。

20_0629_002.jpg

テレビが備え付けられている壁は、アートといっても過言ではないイタリアの漆喰「ユーロスタッコ」が施工されています。キッチンから見える景色も明るく広々としていて心地いいですよね。

20_0629_006.jpg20_0629_005.jpg

この二つの写真、住宅というよりはホテルのようですよね。洗面化粧台とLED付きの収納は10000㎞離れたイタリアからやってきました。洗面化粧台のキャビネットには大理石を使用しています。この洗面脱衣所(もうパウダールームと呼びたい)はキッチンの正面に位置しています。これなら洗面脱衣場のドアを開けっぱなしにしておきたいくらいですね。

20_0629_008.jpg

1階にある主寝室のもアイボリー色のユーロスタッコが施工されています。正面のロールカーテンを開けますと人目が気にならないパティオがあり、晴れていれば柔らかな光が注ぎ込みます。個人的には雨の日の雰囲気が好きです。

20_0629_009.jpg

リビングドアにはライトグレー艶消しのイタリア製ドアを採用、写真の通りドアパネルの両側が丸みを帯びているとても珍しいものです。細部まで相当こだわって家づくりをしていることがお分かりいただけますでしょうか。

ここまでご覧になって「相当高いのでは」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、大手ハウスメーカーの住宅よりもお安いんです。ですのでハウスメーカーでご契約された方が解約して納得住宅工房でお建てになることもあるくらいです。

もしこのブログを読まれて「一度モデルハウスを見てみたい!」と思われた方、下記のURLからお申込みいただけますのでご覧ください。



静岡モデルハウスに関してのページ https://www.nattoku.jp/showroom/shizuoka_model.html


もしくは私星野までご連絡頂けましたら、私がご案内をさせて頂きます。


メールアドレス hoshino@nattoku.jp



「ちょっと参考に見てみたい」という軽いお気持ちでお問い合わせください。

FOLLOW MEMADURO STYLEの新しい情報をフォロー

  • INSTAGRAM
  • FACEBOOK
  • YOUTUBE
  • LINE